愛知県愛西市の工務店あいさいほーむ|愛知県・新築・一戸建て・注文住宅・調湿・デコスドライ・WB工法

結露の怖さ

結露の怖さ

結露の怖さ

結露とは、室内外の温度差が大きく室内の湿度が高い場合に発生する現象です。また、室内の環境条件によっては、ニ重ガラス(複層ガラス)を使用していても、あるいは断熱窓を使用していても、結露が発生する場合があります。
近年では、住まいの高気密・高断熱化が進んできましたが、室内の水蒸気が逃げ場を失った場合でも結露は発生します。
結露は、木材の腐食を早め、家の寿命を短くしてしまいます。

どんなに耐震・免震しようが土台が腐ったら意味が無い

どんなに耐震・免震しようが土台が腐ったら意味が無い

近年、耐震構造の家が注目されていますが、シロアリやカビへの対処を行う事も家を建てる上で重要な部分になってきます。シロアリやカビは、水分の多い木を好みます。
その為、湿気を少なくする工夫として「住宅の高気密化」と「家全体(床下も含めて)に空気の流れを作る」と「上下の空気の流れを考えたエアコンの設置」の3つのポイントが重要になります。
どんなに耐震・免震しようが土台が腐ったら意味が無い

壁内結露の原因とは?

阪神大震災は、壁内結露による虚弱化が惨事を生んだケースがあった。

住宅の壁の中に断熱材があるということは、家の外と中の部屋の温度座が生じ、冬の季節の間は部屋の中の暖かい湿気を含んだ空気が壁の中を通り、外壁材は冷えていますので、外壁の内側で冷やされて、結露となります。
断熱材の中や木材の中に水分が溜まり、カビや腐朽菌が発生して、木柱や壁の中の木材を腐食させ、耐久力がなくなります。
阪神大震災は、壁内結露による虚弱化が惨事を生んだケースがあった。

夏にも起きる、壁内結露がおきてしまう

日本の「湿度」と「クーラー」による、目に見えない結露

日本の夏は非常に湿度が高く、特に梅雨時などは空気中の水蒸気量が常に飽和量に近くなるため、気温がわずか4~6℃下がると露点温度に達してしまいます。また、強い日射しが壁に当たると、壁内の木材が含んでいる湿気も蒸し出されるため、壁内の湿度が上昇し、冷房で冷やされた室内側のボード裏面で結露が発生してしまいます。
日本の「湿度」と「クーラー」による、目に見えない結露

じゃあどうすればいいの?

資料請求

keturo_banner_off.jpg

choushitu_banner_off.jpg

facebook_banner

blog_banner_off.jpg

ページトップへ戻る